ノートルダム女学院中学・高等学校説明会

本日、秋の説明会2校目は、またしても女子校になりますが、ノートルダム女学院中学・高等学校でした!

ノートルダム女学院は、①いわゆる理系の研究・探究を重視し、国公立・難関私大、医歯薬をめざすST@EM探究コース

②留学はもちろんですが、日頃よりネイティブによる英語オンリーの授業やオンライン授業など力を入れているグローバル英語コース

③いわゆる普通科に一番近い位置付けのプレップ総合コースの3コースから構成されています。このコースでは、企業とコラボして商品開発をするなどのキャリア教育などにも力を入れておられます。

ココで、お伝えしておきたいことが2点あります。1つ目は、指定校推薦が在校生の人数に比して、非常に多いという点です。毎年、推薦枠が余ってしまうほど。また、カトリックのミッションスクールということもあり、関関同立44名進学だけでなく、上智大学4名進学もあります。注目ポイントは、その進学者のほとんどが中学校での成績が決して良かったワケではないということです!

2つ目ですが、グローバル英語コースの留学についてです。高1段階で北米へ3ヶ月留学し、実践英語を身につけてくる点、そして高2ではフィリピンへ留学に行きます。このフィリピン留学で日本では考えられない社会的問題に直面することになっているようで、帰国後の生徒さんのお話をお聞きする機会が以前にあったのですが、非常に感激するような素晴らしい内容でした。また、高3でもヨーロッパ留学に行くことになり、高校3年間を通して、本当の意味で英語を学ぶことが出来るコースだと思います。ただし、留学が多いため、どうしても費用がかかるのは確かです。

上記の内容は、ほんの一部分にしか過ぎません。それほどまでにノートルダム女学院では、さまざまな取り組みをされており、興味深い学校だと感じました!

最後に…ノートルダム女学院の今後の予定を。